スポンサーリンク

【速読なし】年間100冊読める程度に読書量を増やすための方法

読書量を増やしたい、という願望を持っている方は多いようです。 私は大体年間に100冊程度の本を読んでいます。読書家の人からしてみれば大したことのない量ですが、日本人の平均の読書量が月に2、3冊程度と聞いたことがあるので、全体的には多い...
小説

おすすめの笑える小説やエッセイ7選!つい吹き出してしまう作品まとめ

笑いは最高の癒しです。笑うことで嫌なことや悩み、ストレスを吹っ飛ばすことが出来ます。今回は紙とインクだけで、そんな笑いを我々に与えてくれる小説やエッセイ作品を紹介していきます。 イン・ザ・プール(奥田英朗) イン...

山本ゆりの『syunkonカフェごはん』が一人暮らしにとって最強のレシピ本だった

私は一人暮らしの20代後半男です。他の一人暮らしをしている方はどうなのか分かりませんが、私は日々の食事をほとんど自炊によって賄っています。 外食ばかりだと食費がかさんで仕方ないため、苦手な自炊に毎日四苦八苦しているわけです。薄給サラリーマ...
小説

読書初心者におすすめの読みやすくてハズレの少ない作家10人

アメトーークの読書芸人で絶賛されていた「教団X」を手にとってみて楽しめなかったという読書初心者の方も多いのではないでしょうか。教団Xは決してつまらないというわけではなく、非常に人を選ぶ作品なのです。 このページではそんな普段あまり本を読ま...

紙の本と比較!電子書籍のメリット・デメリット

Amazonが運営しているKindleを筆頭にスマホやタブレットで本や漫画を読むことが出来る電子書籍のサービスが近年急増しています。おそらくこれから先、紙の本はどんどん少なくなっていき、電子書籍がその大半を占めるようになると思われます。 ...
グッズ

アプリで十分?Kindle端末を使うメリットとデメリットまとめ

Amazonが運営している電子書籍サービスのKindle。スマホやタブレットにアプリをインストールして利用することが出来るのですが、Kindle専用の端末も販売されています。 スマホアプリで本が読めるのなら、わざわざKindl...
グッズ

Kindle端末4種類それぞれの特徴を解説!おすすめはどれ?

Amazonが提供している電子書籍をどこでも気軽に楽しむことができるサービス「Kindle」。専用のアプリを使うことでスマホやタブレットで利用することが出来るのですが、Kindleには専用端末が存在します。 Kindleの専用...

積読がもっている魅力について説明する

『積読(つんどく)』という言葉がある。本を未読の状態で放置している状態を指す言葉で、本を"積んでおく"と"読書"をかけたものだろう。 最近できたダジャレのようにも感じるが明治時代から使われている言葉らしい。この積読だがこれをし...

おすすめのエッセイ本10選!ユーモアたっぷりで面白い

このページではおすすめのエッセイ本を紹介していきます。なお、私は芸人が好きなのでどうしても芸人の作品が多くなってしまいます。 ひとりずもう(さくらももこ) ひとりずもう (小学館文庫) posted with ...
Amazon

【レビュー】Amazon Prime Readingの感想・評判 プライム会員なら追加料金なし

Amazon Prime ReadingというAmazonが行っている書籍読み放題のサービスがあります。Amazonのプライム会員であれば追加料金なしで利用可能です。 マンガ・雑誌・ビジネス書や小説などの様々なジャンルの本を読むことが出来...
スポンサーリンク