どんでん返しに驚愕する珠玉のミステリー小説15選

スポンサーリンク
小説

ミステリー小説の醍醐味は最後に訪れる意外な結末。どんでん返しによって、今まで自分の中で築き上げてきた世界や予想していた展開をひっくり返されたときの快感に勝るものはないでしょう。

このページでは、そんなどんでん返しが魅力のおすすめのミステリー作品を紹介していきます。どんでん返しの快感を損なわないように、なるべくネタバレは避けるよう努力します。

葉桜の季節に君を想うということ(歌野晶午)

ミステリー界の鬼才が作り出した予想外のトリックに翻弄されることになります。終盤からの怒涛の展開とスピード感に脱帽です。騙されると身構えていても無理。絶対に騙されることでしょう。

イニシエーション・ラブ(乾くるみ)

紹介するまでもないほど、どんでん返しで有名な作品。最後まで完全に著者の掌の上で転がされてしまいました。正直、肝のトリック部分以外はそこまで面白みのない恋愛小説です。まあ、そのトリックが凄いので結局面白いのですが。

ハサミ男(殊能将之)

これからもミステリー界に燦然と輝き続けるであろう名作。ぜひとも予備知識一切なしで読んでもらいたい。ミステリー小説の最大の欠点は初読に感じた快感を二度と超えることが出来ないことなので。まだ読んでいない人が羨ましくなります。もう一度あの驚きを味わいたい。

カラスの親指(道尾秀介)

鮮やかに華麗に読者を欺いてくれるのが道尾秀介。詐欺師のお話ですが、この小説自体が詐欺師が書いたようなもの。登場人物のキャラも良く、読後感も最高の一冊。タイトルも好き。

十角館の殺人(綾辻行人)

最高の一言。この小説によって、一体どれだけのどんでん返し中毒者を生み出したのだろうか。推理小説の最高峰という言葉がふさわしい作品です。

ラットマン(道尾秀介)

凄すぎて説明するのが何とも難しい作品です。道尾秀介という生粋の詐欺師に思う存分弄ばれたいときに読む一冊。頭の中をかき乱されること間違いなしです。

殺戮にいたる病(我孫子武丸)

グロや暴力系の描写が大丈夫という方にはぜひ読んでいただきたいのが、こちらの作品。とにかくグロいのですが何故かページをめくる手が止まらないほど引き込まれてしまいます。ネタバレ一切なしで挑んでほしいです。

アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)

面白い小説を生み出しまくる伊坂の代表作。過去と現在が入り混じる構成と最後に回収される張り巡らされた伏線の鮮やかさが素晴らしい。切ないけれど爽やかな読後感を味わえるのも伊坂作品の特徴です。無性にボブ・ディランが聴きたくなる傑作。

仮面山荘殺人事件(東野圭吾)

東野圭吾のクローズドサークルものの推理小説。スラスラと読みやすくどんどん入り込める文章の軽やかさは流石。そして最後の結末、トリックにはやられました。非常に読みやすいのでミステリー、読書初心者の方におすすめしやすい作品。

噂(荻原浩)

ユーモア、人間愛を得意とする荻原浩ですが、猟奇的なミステリーも書けるということを証明しました。サイコパスなホラー作品としてもミステリーとしてもレベルの高い作品です。

名も無き世界のエンドロール(行成薫)

最後にどんでん返しがあるよと、友人に宣言されてから読んだのにも関わらず、見事に騙されてしまいました。青春小説というわけではないのに、すごく甘酸っぱく、爽やかな雰囲気を感じました。伊坂幸太郎が好きな方にはオススメできる作品だと思います。この後どうなるんだろう、というワクワク感に溢れていて、非常に楽しく読むことが出来ました。

異人たちの館(折原一)

この作者の作品は読んだことなかったのですが、とにかく面白かったです。まあまあのボリュームがある作品ですが、読みやすい文体と軽やかさ、そして面白さで、スラスラとあっという間に読み終わりました。本当によく練られた上質なミステリー作品です。この一冊でミステリーにハマるという人も多いんだろうなと思います。

ロートレック荘事件(筒井康孝)

トリック仕掛けの天才である筒井康孝が生み出した傑作ミステリー小説です。本当にこの作家はこういったテクニックが巧みです。真相を知った時には思わずため息が漏れてしまいました。あまり前情報を入れずに読んでほしい作品です。まあミステリーってほとんどがそうなんですけどね。

慟哭(貫井徳郎)

名作を多数生み出している貫井徳郎のデビュー作。幼女連続殺人事件を追う警察と宗教にハマっていく男の二つの視点で進んでいく物語。ラストに明らかにされる真相にまさに「慟哭」してしまうことでしょう。構成力が抜きんでている名作ミステリーです。

教場(長岡弘樹)

警察学校を舞台にした短編作品。いままでのどの作品からも見たことないような設定と世界観に最初から一気に引き込まれます。警察学校の内部事情がリアルに筆致されていて、短編の各編がうまくつながっていく巧みさが素晴らしいです。読後感はモヤモヤとします。イヤミスの類かもしれないです。