米澤穂信のおすすめ作品8選を紹介!【ミステリー好き必見】

スポンサーリンク
小説

独特な雰囲気を醸し出すミステリーを得意とする作家である米澤穂信。

このページではそんな米澤穂信のおすすめ作品を紹介していきます。

氷菓

デビュー作から米澤穂信の才能が爆発している作品。アニメ化もされています。

個性的な登場人物達が非常に魅力的で出だしから一気に引き込まれます。日常に潜む謎を解き明かしながら変化していく主人公の心情の描き方が秀逸。

謎解きと物語、どちらも楽しむことができる青春小説です。

満願

人間が持っている怖さや狂気を存分に堪能することができる傑作ミステリー短編集。

どの作品も思いもよらない展開にページをめくる手が止まらなくなります。

少し怖くてゾクッとする、でもそれが病みつきになる。そんな一冊です。

本と鍵の季節

高校生で図書委員の二人が本と鍵にまつわる謎を解いていく短編集。

どの話も真相が解き明かされても手放しで喜ぶことができないような後味の悪さを隠し持っています。それも米澤穂信作品らしくて好きなのですが。

高校生二人のキャラクターと会話のテンポが良くて、スラスラとあっという間に読めてしまいます。

儚い羊たちの祝宴

最強の短編ミステリーを読みたい方にはこちらがおすすめ。おそらく日本ミステリー史上でもトップクラスの切れ味があります。

米澤穂信にしか書く事ができない、古めかしさと怪しさを同居させたような世界観の中で繰り広げられるミステリーはもう最高。

短いページ数の中に様々な思惑とドラマが潜んでいます。面白すぎ。

インシテミル

クローズドサークルものの傑作。

ミステリー好きにはたまらない作品だと思います。漫画のような設定と世界観に、米澤穂信の筆力が加わって、面白くないわけがないでしょう。

極限状態の人間が見せる特殊な心理状態の描写が秀逸で、終始ドキドキが止まりません。

王道でありながら斬新である傑作推理小説といえるでしょう。

愚者のエンドロール

『氷菓』に続いて古典部シリーズの第二作目。

高校で制作された映画を巡っての謎解きもの。

タイトルと構成力がとにかく素晴らしい。全編を通して高校生らしいやり取りが見ていて楽しく、ほとんど一気読みでした。

クドリャフカの順番

古典部シリーズの第三弾。

前二作と比べて、群像劇を楽しむことができる作品。相変わらずキャラクターの個性を活かしながら、肝心の謎解き部分が面白すぎます。

青春の苦い部分を切り取って描写するのが上手すぎます。個人的には古典部シリーズの中で一番面白いと思います。

遠回りする雛

前作よりも甘酸っぱく、青春をより感じることができる一冊に仕上がっています。

シリーズを読んでいない方には登場人物が分かりづらいと思うので、前の三作を読んでから取り掛かることを強くオススメします。